短期のバイトで働こう!

再就職先が見つからない
就職浪人になってしまった
学生だから空いている時間だけ働きたい
友達との旅行資金を捻出したい
彼女の誕生日プレゼントを買いたい
ダブルワークしたい 等など・・・。

 

短期バイトに興味を持つ人は、きっと様々な理由があるかと思います。

 

短期バイトの魅力は、何と言ってもすぐにアクションを起こせること!
就職の内定が決まるまでの間に働きたいという場合でも、短期ならこの先どうなるか分からない状況でもすぐに対応できます。
それに、副収入的な感覚で本業と合わせて働くこともできますので、経済的なゆとりを持つきっかけにもなります。

 

そして、短期バイトは未経験者OKという募集がとても多いという点も大きなポイント。
社会経験が少ない学生さんでも、スキルや資格が求められることはほぼありませんので、幅広い職種の中から選ぶことができるという点も大きな魅力でしょう。

 

給与が支払われるタイミングも早いため、最短即日払いに対応している場合も多いことから、今すぐお金が欲しい!という人にとっても嬉しいですね。

 

短期バイトは、コレひとつで生活の全てを補うには難しいかもしれませんが、+αの収入源としては、メリットが豊富なワークスタイルなのです。

短期のバイトにはどんなものがある?

短期バイトの雇用スタイルは、大きく分類して2種類あります。

 

@直接雇用
求人誌などから自分で職種を見つけ、履歴書や面接を経て採用されるのが、直接雇用です。
この場合、全てにおいて自分で職場とのやり取りや、必要な手続きをこなす必要がありますので、本業をしながら短期バイトの働き口を探すことはなかなか難しいと言えます。

 

A派遣雇用
いわゆる「登録制」の雇用スタイルです。
派遣会社に登録すると、あなたが希望する条件の職種を紹介されますので、あなたが何もしなくてもやりたい仕事を選ぶことができます。
派遣会社は、求人誌では公開されていない案件も多数抱えているため、有利に仕事探しを進めることができる点は魅力です。

 

次は、具体的な職種についてお話します。

 

・イベント系
キャンペーンやお祭りなどが催されるときに募集がかかります。
機材運搬や会場設営、撤去作業、販売員等など色々あります。
近くイベントが開催されるなら、仕事がもえらるチャンスかも!?

 

・倉庫内作業系
工場や倉庫で軽作業を行います。
多少力仕事になることが多いですが、基本的には単調にできるものが多いので、人気があります。

 

・チラシ・サンプリング系
道行く人に、チラシや試供品など配ります。
ノルマ制(規定の数を配布し終えたら業務終了)と、時間制(時間がきたら終了)の2通りあり、それに応じて待遇の条件も異なります。
ご自身でも経験があるかと思いますが、チラシよりも試供品の方が受け取ってもらえる確率が多そうですね!

 

・試食販売
スーパーやデパートなどで、その場で調理した食品や、飲み物の試飲を勧めることが仕事内容です。人と話すことが大好きなタイプには最適な職種と言えるでしょう。

ダブルワークで稼ぐ人も

短期バイトは、ダブルワークにも適しています。

 

理由@本業に合わせることができる!
本業の就業時間や休日に合わせて仕事を入れていくことができるので、スケジュールの自由度が高いと言えます。

 

理由A+αの収入に繋がる
例えばあと1万円あれば生活が潤うのに。。。というあともう少し!という時の収入源として最適です。生活費の足しに、趣味に、旅行等などやりたいことの幅が広がって楽しいですよね!

 

理由B長期ではないからこそ続けることができる
ダブルワークを長く続けることは、体力的に大変なことも多いと思います。
その点、短期バイトであれば、少しの期間を頑張ればOKなので、経済状況に合わせて働くタイミングと時間を選ぶことができます。

 

ダブルワークを楽しく行うコツとしては、優先するべき仕事を軸として決めておくことが大切なポイントとなるでしょう。
お金を貯めるために、ついつい夢中になってどんどん短期バイトを入れて、体を壊してしまっては元も子もありません。
お金を貯めるどころか、仕事に穴を空けて勤務先に迷惑をかけることになってしまいます。

 

ダブルワークは、私たちの生活を潤してくれるとても便利なワークスタイルですが、扱い方を間違えてしまうと上手にこなすことができなくなってしまうので、その点だけはわきまえておきましょう!